在宅療養は不便な面が多くても満足度が高い?!

訪問看護は、患者さんの自宅に訪問し、
毎日の様子や患者さんの病状などを看護師が確認します。

 

この訪問看護では、看護師が所属している訪問看護ステーションを患者さんが選び、
利用してくださるお客様となります。

 

 

そこで、今まで”患者さん”とお呼びしていたところを、
”利用者様(さん)”とお呼びしているんですね。

 

看護師は、利用者様の自宅に訪問するということで、
とてもプライベートな空間にお邪魔していきます。

 

 

このような事は、やはり信頼関係がなくては難しいことだと言えますよね。

 

医療を提供する看護師と、そのサービスを自宅で受ける患者さんの両方の気持ちが、
在宅療養をよりよいものにしようという気持ちになるようにしなくてはなりません。

 

 

在宅療養は、病棟で行う治療にくらべ多くの部分で不便になりますし、
ケアの質も劣ってしまいます。

 

ですが、利用者様にとっては、自宅での生活を失うことなく治療が出来るため、
病院での療養よりも満足度が高いとされているんですね。

 

 

訪問看護師や医師が自宅に来てくれて、
お互いに信頼関係を築いた状態で治療が出来るからという点も、
大きく関係しているようです。

 

在宅療養では、治療をするという目的の方もおられれば、
自分らしく最期を迎えたいという目的の方もおられます。

 

 

つまり、利用者様一人ひとり目的が異なりますので、
その方にとって一番良い方法というものを、
一緒に探していくことも大切になるということです。

 

 

 

■介護関連の資格を取得しておくと便利!

 

訪問看護師として仕事をするということは、
毎度患者さんの自宅に訪問するということです。

 

そうなると、治療以外の面で戸惑ってしまうことがあるんですね。

 

 

それは、病棟との環境や仕事の違いです。
患者さんの自宅において、患者さんに応じた看護を行うにあたり、
大きな壁となるものがあります。それが、介護の問題なんです。

 

病棟であれば、介護は介護士が居ますし、
介護に関する設備なども整っていますよね。

 

 

ですが、一般家庭では病棟のような設備は期待できません。
そこで、介護士や介護福祉士、ケアマネなどの資格を取得して、
実際に介護に関する知識や技術を身につけておくことによって、とても役に立ちます
よ。

 

 

高齢者介護については、訪問看護師の中でも
悩んでいるという看護師が多くなっているんです。

 

以前は、障がいを持つ方や、自宅で最期を迎えたい
というターミナルケアの患者さんの利用が多くありました。

 

 

ですが、今は圧倒的に高齢者の方の利用が多いんです。
高齢者の方の中には、認知症の方もおられます。
単身世帯で認知症の方もおられるんですよ。

 

訪問看護師が担う部分は医療分野となりますが、
訪問先では排泄介助や入浴介助、食事介助も行っていく事になります。
そうなると、やはり介護関連の知識と技術がなくては難しいことですよね。

 

 

 

■需要が高まっている訪問看護師

 

日本は皆保険制度となっていますよね。
健康保険に全員が加入し、医療費を相互で助け合うことによって、
一人ひとりにかかる負担が少なくなるような仕組みです。

 

ですが、今健康保険制度が危機的な状況となっており、
医療サービスについて問われているんですね。

 

 

軽い症状で入院するという事や、
慢性的な疾患で入院するという事を最小限に抑え、
在宅医療へとシフトしていこうという動きもあります。

 

在宅医療を支える存在として、
今訪問看護の需要も高まってきているんですよ。

 

 

病院や診療所、訪問看護ステーションに属している看護師は、
患者さんの自宅に訪問し、バイタルチェックや健康状態の観察、
生活指導、栄養管理等を行います。

 

医療だけではなく、介護の部分についても担っている場合がありますよ。

 

 

ということは、訪問看護師として働くとしても、
医療サービスを提供する看護師としてだけではなく、

 

介護サービスを提供する介護士としての役割も
果たさなくてはならない
という事になります。

 

 

訪問看護師は看護師免許を所持していれば働く事が出来ますが、
仕事内容には介護分野も関係してきますので、
仕事内容などを確認してから職場を選ぶことが大切です。

 

看護師専門の転職支援サイトを利用すると、
訪問看護師として働く際に感じる不安や疑問などについて、
しっかり解消することが出来ますよ!

 

 

 

■訪問看護ステーションでの仕事の流れ

 

最近では、訪問看護ステーションの文字が入れられている車などを
見かけることが多くなりました。

 

テナントとしての訪問看護ステーションも、街中によくありますよね。

 

 

医療行為となるために、介護士はサービスが提供できないような、
バイタルチェック・カテーテルやチューブの管理、医療器具の管理、
経管栄養の管理、筋肉注射など、訪問看護師ならば提供できるサービスとなります。

 

寝たきりの患者さんに対しては、
床ずれ予防や処置のための体位変換、全身清拭なども行います。

 

 

看護師が単独で行う医療行為にはもちろん限りがあるのですが、
医師の訪問看護指示書にそって医療行為を行っていきます

 

 

訪問看護師の1日の流れを見てみましょう。
まず、朝出勤したら、ミーティングを行い、
午前と午後にそれぞれ3件程度の利用者様の自宅に訪問していきます。

 

夕方には訪看ステーションに戻り、
記録の整理やカンファレンスを終え、17時半頃には退勤となります。

 

 

病棟に比べ、スケジュールがしっかりと組まれていますので、
残業は少なく、土日や祝日が休日となることも多いんですよ。

 

基本的には夜勤がありませんし、非常勤での採用となれば、
週3回程度の勤務も可能となっています。